息子(今2才4ヵ月)が4ヵ月の時この病気になりました。


初めまして。息子(今2才4ヵ月)が4ヵ月の時この病気になりました。
私自身不妊症でやっと授かった子供(体重も2458gしかなかった)が、この病気になったとき、まさに気の狂わんばかりの状態でした。なぜ?どうして?質問してくる周りに何と答えてよいものやら。
子供のストレスだとか、親が傍にいないから、など義母に言われ、今でも険悪です。
幸いにも子供は後遺症もなく、元気でやっていますが、高熱になったりすると今でもどきどきしています。入院する前が、親としていろいろ大変でした。様子をお話します。

::入院前::
普段から夜泣がひどかったのですが、泣き始めたのが夜の2時。朝まで泣きどうし。
夜の授乳も飲まず。水、果汁もだめでした。
その日朝近くの小児科へ
風邪でしょう・・といわれ、この時目、喉真っ赤。高熱。座薬とのみ薬を貰ったけど、座薬は大人用のを5分の1にということ。
ちょっと不信感あり。4ヵ月の子供だよ〜。
子供用イオン飲料を20mlとか、10とかしか飲まない。とにかく脱水症状にきをつけなくては。子供は、なきどうし。寒さ厳しく。
その日午後4時ごろに
改善しないのと、不信感もあって別の小児専門の病院に。手、足、の赤みやいちご舌。
川崎病?の話もでてくるが・・。とりあえず説明に安心感あり。
もうひとつ症状がでれば・・といわれたが、明日も飲めなければ来院。
イオン飲料しか飲まず、やっと100ml。
次の日昼過ぎ
足に湿疹のような・・ものあり。小児専門病院から、そのまま紹介状を持って、総合病
院へ入院決定。
::入院::
グロブリン療法は、知っていたが、旦那はとまどっていたみたい。
血液製剤・・という言葉。当時騒がれてた時期もあったし。
しかし、動脈溜の事を考えると、やはりね。
その日から5日間点滴しました。まだ、腕が細いため、足から。
処置室で泣き叫んでいました。声がしなくなったと思ったら、気を失っていたんでしょう。寝てしまいました。親は思わず涙。
あとは、日に日によくなり、入院生活18日。

今日は一日でもはやく、原因等が明らかに成ることを切に願います。