一年たちました 2008年1月16日


去年の今頃は病室にいました。

元気も笑顔もない息子をみるのが辛くて、かわいそうで仕方がなっかたです。

幸い後遺症もなく、この一年何事もなく過ごすことができました。

治ったばかりの頃は、少しの微熱や鼻水にも敏感でしたが息子の元気な姿で元気付けられ

今では多少の鼻水ぐらいは大丈夫大丈夫と笑っていえます。

それでもやっぱり、もし再発してしまったら・・・下のこも川崎病になってしまったら・・・

心の奥にある不安は取り除けません。

息子はまだ病気のことは分かっていません。もう少し大きくなったらちゃんと話してあげよう

と思っています。

今も病気と闘っているお子さんがいて、心配で不安な気持ちでいる親御さんがいると思うと

いたたまれない気持ちで胸が痛くなります。

すこしでも早く原因が分かってほしいです。

今がんばっている皆さんが少しでも早く治ることも祈っています。

笑顔で毎日がすごせますように。。。