先日7ヶ月の息子が不全型の川崎病と診断されました。2007年8月6日


初めて書き込みさせていただきます。先日7ヶ月の息子が不全型の川崎病と
診断されました。最初38度前後の熱が出たり下がったりして特別ぐったりするわけで
もなくあまり気にしていませんでした。2日後様子も変わらず元気でしたが、
眼の充血とBCG接種した部分が腫れて全身に蕁麻疹が出ていたので心配で受診した
ところウィルス性の発疹で心配ないだろうと言われました。2日後改めて別の病院を受診し
川崎病と判明。
 入院中は日に日に回復し、ガンマブログリンも投与することなくアスピリンの
服用のみで血管炎症数値も安定し6日で退院となりました。
現在退院から1週間が経ちますが、今は日に1回のアスピリン服用で元気に生活しています。
ただ昨日体中に軽い発疹ができ心配で病院に連絡をとりました。
不全型ということで体の中で何かが燻っているような気がして気がかりです。

 そんな母親の私も1歳と3歳の時、川崎病にかかっています。当時は心エコーもなく
心電図のみの確認だったのでしょうが、中学に入るまでは定期的に検査したものの
異常がないということで、それ以降は普通の生活を送ってきました。
スポーツもしていましたし出産も2回経験しています。小さい頃から胸が締め付けら
れるような感じは何回も経験していますが、その為に川崎病を意識したりはしませんでしたし、
今も済んだ病気として元気に子育てしています。もちろん病気を軽く見ているわけで
はなく病院にかかることがあれば川崎病にかかった事は必ず記入するようにしています。

 原因解明できていない現在、親がすぐにできることと言えば子供を不安にさせず
できる限り病気を意識しない生活をさせてあげる事なのかなと思ったりしています。
その分親が子供の変化にすぐに気づいて、医師とすぐに連絡を取れるようにしておけ
ば親も安心ですよね。今回息子が川崎病になった事で、私が子供の時、両親が病気を
意識させず他の兄弟と同じように生活させてくれていたことに改めて感謝しました。
 息子のように何度か蕁麻疹が出たという方もいるかと思うので、この件は先生に
伺って見て改めて書き込みしようと思います。